郡山市は、福島県の真ん中に位置する都市です。

新幹線が停まり、東北自動車道が通っている

アクセスの良い街なので、観光に行くにも便利です。

会津若松やラーメンで有名な喜多方に足を延ばすのも良いですが、

郡山でも1年を通して様々なイベントが実施されていて、

年中どの時期に訪れても楽しめる街です。

1月、2月

新年が明けた1月6~7日にかけては、

如宝寺で、「七日堂まいり」が催されます。

多彩な露店が並び、福だるまや福まさるといった

新年らしいものが購入できます。

2月に入ると、市内のホテルで

地元の蔵元が仕込んだ新酒を楽しめる

「新酒まつり」が催されます。

4月、5月

4月には、桜の開花に合わせて

市内の桜の名所で桜まつりが催されます。

開成山大神宮がある開成山公園には、1,300本の桜があり、

福島県内でも有名な桜の名所です。

「笹原川千本桜」は、奥羽山脈から流れ出る

笹原川の河岸2㎞に1000本近い桜が咲き乱れます。

「藤田川ふれあい桜」は、藤田川堀之内橋を挟んで、

ソメイヨシノが両岸3㎞に咲き、圧巻です。

祭事の間、出店や歌や踊りの催し物で賑わいます。

 

毎年4月29日のみどりの日に開催されるのが

「宇津峰親善登山大会」です。標高677mの

宇津峰は、阿武隈山系に属する独立峰で、山全体が

南北朝時代の史跡となっています。

親善登山となっているように、家族で参加される方も多く、

片道1時間ほどのハイキングコースを登り、

青々とした芝生の生えた山頂でお弁当を食べる

ピクニックを楽しまれています。

登山を楽しみたいという方におすすめなのが、

5月の第3日曜日に開催される「安達太良山開き」です。

標高1700mで、石筵登山口から、

徒歩4時間ほどで山頂に到着します。

7月、8月

7月には、開成山公園で

「サマーフェスタ・イン郡山ビール祭り」が開催されます。

収容人数4000人の会場で、

ドイツのオクトーバーフェストを楽しめます。

7月下旬には、猪苗代湖畔で、「湖まつり」が行われます。

タライ舟体験などもあり、湖水に映える湖上花火大会も人気です。

花火といえば、8月5日には、阿武隈川河川敷で

「ふくやま夢花火」が開催され、尺玉が打ち上げられます。

郡山の采女伝説にちなんだ「郡山うねめまつり」は、

8月3日~5日に郡山駅周辺で開催されます。

5000人を超える人の踊り流しは目を見張ります。

8月9日~10日には、磐梯熱海温泉で、

萩姫伝説にちなんだ「萩姫まつり」が開催されます。

9月

9月の敬老の日の前日には、

「柳橋歌舞伎」が中田町柳橋黒石荘で催されます。

江戸時代の農村歌舞伎が起源で、

平成13年から野舞台で演じられています

そうそう秋は、お祭りの季節ですね。

郡山ユラックス熱海などで、180団体が

2日間にわたってよさこい踊りを披露します。

9月下旬には、安積国造神社の「秋祭り」を皮切りに

各地でお祭りが開催されます。

 

10月、11月

10月体育の日の前日には、「唐傘行灯花火」があります。

直径3mの唐傘が花火を噴出しながら回る姿は圧巻です。

起源は明治時代に遡り、雨乞いのために

亀賀森神社の祭礼時に行われたとされています。

 

10月下旬になると、猪苗代湖や鎌倉池などに

白鳥が飛来するようになります。3月中旬に飛び立つ日まで、

白鳥がくつろいでいる姿が楽しめます。

11月下旬~2月中旬にかけては、

郡山駅前広場のケヤキ並木には

イルミネーションが取り付けられ、幻想的な景色となります。

 

以上、駆け足で郡山の1年をご案内しました。

歴史的な背景もあり、湖や川など自然資源にも恵まれた

郡山の街では、伝統や自然を楽しめる

様々なイベントが行われています。

桜まつりや宇津峰自然登山大会、お祭りや花火大会など、

家族でも、カップルでも楽しめるイベントがいろいろあります。

いつでもどうぞ郡山へ。
そして、手品家郡山店でお待ちしています!