郡山市の交通機関は、鉄道やバスあるいはタクシー等があり、
鉄道であれば東北新幹線や東北本線ないしは磐越東線等の
JR路線しかありません。地方都市であるため、首都圏よりは
バスや自家用車が多用されているとも言えるでしょう。
ここでは郡山近郊にスポットを当て、バス交通網について説明していきます。

郡山近郊のバス交通網は、大きく分ければ2つの種類になります。
1つは乗合バス、もう一つが高速バスです。乗り入れしているバス会社は、
福島交通と会津バスの2社になります。

まず乗合バスは路線バスのことを意味します。
福島県内有数のバス会社である福島交通の路線が主要なものであり、
JR郡山駅を中心に東西南北に路線が伸び、市内循環バスもあります。
主なものであれば、駅前からほぼ西へ直進するルートで、
郡山市役所や郡山高校等の市内中心部を通る路線でしょう。

また会津バスに関しては、地域が限定されています。
郡山市熱海町内のみであり、JR磐越西線磐越熱海駅を
中心にしたルートが主要なバス路線となっています。

次に高速バスについてですが、主なバス会社としては乗合バス同様、
福島交通と会津バスです。これらのほか福島県の有力なバス会社であれば、
新常磐交通バスも乗り入れしています。

主な路線は、福島県の中通りにあり、県都でもある福島市と結ばれたもので、
福島交通が運行しています。また福島県浜通りの中心都市でもあるいわき市にも、
高速バスが通っています。これは福島交通と新常磐交通バスの共同運行です。

さらに福島県会津地方であれば、会津若松市とのルートであり、
福島交通と会津バスが共同運行しています。

上記のほか仙台や東京、あるいは、京都や大阪等への高速バスがあります。
福島交通も運行していますが、
JRバス東北や宮城交通あるいは近鉄バス等も共同運行に参加しています。

また関東の各都市へも高速バスが運行されています。
主要なところでは、新宿や横浜あるいは新越谷や千葉等があります。
しかし福島交通ばかりでなく、たとえば千葉まで高速バスを使うのであれば、
桜交通の運行バスに乗るようになります。

なお、所要時間は郡山から福島であれば、約1時間10分です。
あるいはいわきや会津若松行きでも、2時間は掛かりません。
もっとも交通状況によっては、遅れが出てしまうことも十分考慮すべきでしょう。

運賃の支払い方法としては、乗合バスと同様です。降車時に
運賃箱に現金か回数券を入れることになります。
ICカードの利用は高速バスでは、対応していないようです。
ただし乗合バスであれば、NORUCAに対応しているバス会社があります。

ちなみに、乗合バスでも高速バスでも、
時刻表等はインターネットから入手できます。路線を調べられるサイトはもちろん、
公的機関にアクセスすることで、運行会社のホームページ等を知ることができます。

郡山近郊のバス交通網は、主に乗合バスと高速バスになります。
いずれも福島県の有力バス会社が単独運行あるいは共同運行しています。
運賃の支払い方法は従来型の現金や回数券を使うものですが、
NORUCAというICカードに対応しているバス会社もあります。
ただし高速バスではなく、乗合バスのみのようです。

マジックバー手品家郡山店は、郡山市の都心にあります。
アクセス抜群なので、ぜひお越し下さい。